トップページの中の社会福祉士国家試験の中の受験申し込み手続き

社会福祉士国家試験

  • 資格制度の概要
  • 資格取得ルート図
  • 試験概要
  • 受験申し込み手続き
  • 出題基準・合格基準
  • 過去の試験問題
  • よくあるご質問
  • 実務経験証明書の様式と記入方法

受験申し込み手続き

第29回(平成28年度)受験申し込み手続き(予定)

1 試験日

平成29年1月29日(日曜日)

2 受験申込書の受付期間

平成28年9月8日(木曜日)から10月7日(金曜日)まで(消印有効)

3 申込手続方法

受験の申し込みに必要な書類(第29回社会福祉士国家試験『受験の手引』)を次の「『受験の手引』の請求方法」により請求し、受験申込書及び必要な書類を完備して、受付期間内に郵送により提出してください。
なお、受験の申し込みにあたっては、受験資格があることを、よく確認してください。

4 『受験の手引』の請求方法

次の(1)、(2)のいずれかの方法により請求してください。
なお、次の点に留意してください。

(注意)
  • 『受験の手引』は、請求してからお手許に届くまでには数日間かかりますので、7月下旬から遅くとも9月30日(金曜日)までに請求してください。
  • 『受験の手引』は、ヤマト運輸の宅配便で8月上旬以降に順次発送します。
  • 発送は日本国内に限ります。
  • 『受験の手引』の請求は、1人につき1部のみ請求できます。
    ※予備を請求することはできません。
(1)ホームページで請求する場合

このホームページから請求できるようになります。7月下旬に請求窓口を開設します。

『受験の手引』請求窓口
只今 準備中
(2)郵便はがきで請求する場合

「はがき」のうら面に、あなたの「郵便番号」、「住所」、「氏名」、「電話番号」、「必要人数(例:社会福祉士受験の手引1人分)」と、必要数等を大きな文字ではっきりと記入して、当センターに郵送してください。
この「はがき」のうら面は、あなたに『受験の手引』を送付する際の「あて名ラベル」として使用しますので、正確に記入してください。
第19回精神保健福祉士国家試験と同時受験の申込みを希望される方は、それぞれの『受験の手引』が必要になりますので、精神保健福祉士『受験の手引』についても、「必要人数(例:精神保健福祉士受験の手引1人分)」と併せて記入してください。

記入例
<おもて面>
うら面記入例:郵便番号、住所、氏名、電話番号、必要人数(例:社会福祉士受験の手引1人分)、精神保健福祉士国家試験と同時請求の場合はその必要人数(例:精神保健福祉士受験の手引1人分)
<うら面>
おもて面記入例:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 公益財団法人社会福祉振興・試験センター行
(注意)
  • 1人の場合は、「1人分」と記入してください。
  • カッコ内は、精神保健福祉士『受験の手引』を同時に請求する場合に記入してください。
  • 「郵便はがき」の場合は、7月下旬から請求してください。
  • 『受験の手引』の請求は、1人につき1部のみ請求できます。
    ※予備を請求することはできません。
  • 個人情報の保護
    『受験の手引』の請求の際に取得した個人情報は、『受験の手引』の発送業務のみに利用し、第三者へは提供しません。
5 受験手数料

お送りする『受験の手引』の中には、受験手数料の払込用紙が同封されておりますので、ゆうちょ銀行(郵便局)またはその他の金融機関の窓口で払い込んでください。(ATM・ネットバンキング不可)

社会福祉士のみ受験する場合: 7,540円
社会福祉士と精神保健福祉士を同時に受験する場合: 20,020円イコール社会6,830円プラス精神13,190円)
社会福祉士の共通科目免除により受験する場合: 6,360円
ページの先頭へ戻る