出版

『介護福祉』次号の特集テーマ予告

2021年夏季号 No.122

特集  「介護における個別ケアの理解と推進」

巻頭言  「介護における個別ケアの理解と推進」
富山県福祉カレッジ  教授  田中  雅子
  1. 集団ケアから個別ケアへ  〈認知症の人をめぐるパラダイムシフト〉
    認知症介護研究・研修東京センター研究部  部長  永田  久美子
  2. 個別ケア  ー認知症とともによりよく生きるいまと未来の創生
    慶応義塾大学大学院健康マネジメント研究科  教授/認知症未来共創ハブ代表  堀田  聡子
  3. 個別ケアのあり方  〈権利擁護と意思決定支援〉
    高岡法科大学  専任講師  後藤  亜季
  4. 「個別ケア」と人材育成
    社会福祉法人リガーレ暮らしの架け橋  理事長  山田  尋志
  5. 「個別ケア」と外国人介護技能実習生
    社会福祉法人QOL福祉会  業務執行理事  平田  洋介
  6. 「個別ケア」と介護福祉教育
    群馬医療福祉大学短期大学部 医療福祉学科教授  白井  幸久
  7. 「個別ケア」と記録
    日本社会事業大学専門職大学院福祉マネジメント研究科  特任教授
    全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会  理事長  宮島  渡

一口メモ

  1. 個別ケアについて(障害)
    特定非営利活動法人  千楽 chi-raku  小嶋  有二
  2. 個別ケアについて(高齢)
    特定非営利活動法人  楽理事長  柴田  範子
2021年秋季号以降の特集テーマ(仮題)
秋季号「高齢者・障害者の病気と予防」
冬季号「介護職の魅力」
お問い合わせ先はこちら