トップページの中の精神保健福祉士国家試験の中の受験資格(資格取得ルート図)

精神保健福祉士国家試験

  • 資格制度の概要
  • 受験資格(資格取得ルート図)
  • 福祉系大学等
  • 指定科目・基礎科目
  • 一般大学等
  • 相談援助実務
  • 短期養成施設・一般養成施設
  • 試験概要
  • 受験申し込み手続き
  • 出題基準・合格基準
  • 過去の試験問題
  • よくあるご質問
  • 【受験者と事業者の方向け】実務経験証明書の様式と記入方法(第19回精神保健福祉士国家試験用)

受験資格(資格取得ルート図)

次のいずれかに該当する方は、受験資格があります。
※画像をクリックすると、該当の受験資格についての詳細ページを確認できます。

受験資格取得ルート図 法第7条第1号 福祉系大学等4年 基礎科目履修 第4号 福祉系短大等3年 基礎科目履修 相談援助実務1年 第7号 福祉系短大等2年 基礎科目履修 相談援助実務2年 第2号 福祉系大学等4年 指定科目履修 第5号 福祉系短大等3年 指定科目履修 相談援助実務1年 第8号 福祉系短大等2年 指定科目履修 相談援助実務2年 社会福祉士登録者 資格登録ページへ 第3号 一般大学等4年 第6号 一般短大等3年 相談援助実務1年 第9号 一般短大等2年 相談援助実務2年 第10号 相談援助実務4年 短期養成施設等(6ヶ月以上) 一般養成施設等(1年以上) 精神福祉士国家試験「試験の概要」へ
  • (注意1) 「短期養成施設」「一般養成施設」(以下、「養成施設等」という。)の入学に必要な学歴・相談援助実務等は、各「養成施設等」において審査・決定を行ないますので、ご希望の各「養成施設等」にお問い合わせください。
    また、「実習科目免除」の可否につきましてもご希望の各「養成施設等」にお問い合わせください。
    • 各「養成施設等」の連絡先は、上図の「短期養成施設等」「一般養成施設等」をクリックするとご覧いただけます。
    • 相談援助実務の範囲は、上図の該当する「相談援助実務」をクリックするとご覧いただけます。
  • (注意2) 「5年以上の実務経験者で、厚生労働大臣が指定した講習会を修了したもの」(法附則第2条)で受験資格を取得した者が試験を受けることができるのは、平成15年3月31日(第5回試験)までです。
    平成15年4月1日(第6回)以降の試験は受けることができません。
ページの先頭へ戻る