トップページの中の精神保健福祉士国家試験の中の試験概要

精神保健福祉士国家試験

  • 資格制度の概要
  • 受験資格(資格取得ルート図)
  • 試験概要
  • 受験申し込み手続き
  • 出題基準・合格基準
  • 過去の試験問題
  • よくあるご質問
  • 実務経験証明書の様式と記入方法
  • 受験申込書記載事項変更届の様式と記入方法(第19回精神保健福祉士国家試験用)

試験概要

第20回(平成29年度)精神保健福祉士国家試験の受験申し込み受付期間は、平成29年10月6日(金曜日)に終了しております。

参考

1 試験日
第20回試験
平成30年2月3日(土曜日)
2月4日(日曜日)
第21回試験(予定)

平成31年2月上旬

2 受験申込書の受付期間
第20回試験
平成29年9月7日(木曜日)から
10月6日(金曜日)
第21回試験(予定)

平成30年9月上旬から10月上旬

3 試験地(第20回)(7試験地)

北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

4 試験科目(第20回)(16科目群)

1)精神疾患とその治療、 2)精神保健の課題と支援、 3)精神保健福祉相談援助の基盤、 4)精神保健福祉の理論と相談援助の展開、 5)精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム、 6)人体の構造と機能及び疾病、 7)心理学理論と心理的支援、 8)社会理論と社会システム、 9)現代社会と福祉、 10)地域福祉の理論と方法、 11)福祉行財政と福祉計画、 12)社会保障、 13)障害者に対する支援と障害者自立支援制度、 14)低所得者に対する支援と生活保護制度、 15)保健医療サービス、 16)権利擁護と成年後見制度

5 受験資格(第20回)
  • (1) 4年制大学で指定科目を修めて卒業した方(平成30年3月31日までに卒業見込みの方を含みます。)
  • (2) 2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方(平成30年3月31日までに従事する見込みの方を含みます。)
  • (3) 精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方(平成30年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含みます。)
  • (4) 精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方(平成30年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含みます。)
6 受験手数料(第20回)

精神保健福祉士のみ受験する場合: 17,610円
精神保健福祉士と社会福祉士を同時に受験する場合: 28,140円イコール精神14,160円プラス社会13,980円)
精神保健福祉士の共通科目免除により受験する場合: 14,080円

7 合格発表(第20回)

平成30年3月15日(木曜日)

ページの先頭へ戻る