トップページの中の社会福祉士国家試験の中の資格取得ルート図の中の5職種の実務(査察指導員等)

社会福祉士国家試験

  • 資格制度の概要
  • 資格取得ルート図
  • 福祉系大学等
  • 指定科目・基礎科目
  • 一般大学等
  • 社会福祉主事養成機関
  • 5職種の実務(査察指導員等)
  • 相談援助実務
  • 短期養成施設・一般養成施設
  • 試験概要
  • 受験申し込み手続き
  • 出題基準・合格基準
  • 過去の試験問題
  • よくあるご質問
  • 【受験者と事業者の方向け】実務経験証明書の様式と記入方法
  • 【受験者向け】受験申込書記載事項変更届の様式と記入方法(第29回社会福祉士国家試験用)

受験資格

福祉事務所の査察指導員等の実務経験が4年以上ある方

以下の実務経験を有する方は、社会福祉士短期養成施設に入学することができます。

実務経験一覧
施設種類 相談援助業務の実務経験として認められる職種
  • 児童相談所(都道府県・指定都市職員)
児童福祉司
  • 身体障害者更生相談所(都道府県・指定都市職員)
身体障害者福祉司
  • 知的障害者更生相談所(都道府県・指定都市職員)
知的障害者福祉司
  • 福祉事務所(都道府県・市(一部町村)職員)
査察指導員
老人福祉指導主事(注意1)

(注意1)
老人福祉指導主事とは、所員に対し、指導監督を行なう社会福祉主事(スーパーバイザー)をいいます。
(注意2)
過去に福祉事務所の査察指導員・老人福祉指導主事、児童相談所の児童福祉司、身体障害者更生相談所等の身体障害者福祉司、知的障害者更生相談所等の知的障害者福祉司であった期間が5年以上ある方で過去に受験票が交付されている場合でも、短期養成施設等(6月以上)を修了しなければ受験できません。

ルート図に戻る
ページの先頭へ戻る