トップページの中の精神保健福祉士国家試験の中の資格取得ルート図の中の相談援助実務

精神保健福祉士国家試験

  • 資格制度の概要
  • 資格取得ルート図
  • 福祉系大学等
  • 指定科目・基礎科目
  • 一般大学等
  • 相談援助実務
  • 短期養成施設・一般養成施設
  • 試験概要
  • 受験申し込み手続き
  • 出題基準・合格基準
  • 過去の試験問題
  • よくあるご質問
  • 実務経験証明書の様式と記入方法

受験資格

相談援助実務

  • (注意)第18回試験の相談援助実務を掲載しています。
    第19回試験の相談援助実務は平成28年8月上旬に確定予定です。

精神保健福祉士国家試験の受験資格を得るために必要な実務経験の範囲は、次のとおりとなっています。
【精神保健福祉士法施行規則(平成10年厚生省令第11号)第2条】

対象となる職種

精神障害者の社会復帰に関する相談援助を主たる業務として行なっている方

  • 1 精神保健福祉士の業務は、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神障害者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行なうことであることから、精神保健福祉士の国家試験の受験資格を得るために必要な実務経験については、次の(1)から(5)に該当する業務に、年間を通じた業務時間の概ね5割以上従事することが要件となります。
    • (1) 精神障害者の相談
      精神障害者の精神疾患の状態にも配慮しつつ、その円滑な社会復帰に資する各種の情報提供
    • (2) 精神障害者に対する助言、指導
      精神障害者に対して、その精神疾患の状態にも配慮しつつ、その退院後の住居や再就労の場の選択等について、積極的な提案、誘導
    • (3) 精神障害者に対する日常生活への適応のための必要な訓練
      社会復帰の途上にある精神障害者に対し、時間を決めて洗面させる、清掃、洗濯等の習慣をつけさせる、公共交通機関の利用に慣れさせる等の生活技能を身につけるための訓練
    • (4) 精神障害者に対するその他の援助
      精神障害者自身がすることに困難が伴う手続きを代行し、社会復帰を目指す精神障害者を受け入れる側の家族、学校、会社等に精神障害に関する理解を求めるなど、個々の精神障害者のニーズに応じた多様な支援
    • (5) 援助を行なうための関係者との連絡、調整等
      • ケースカンファレンス等の会議への出席
      • ケース記録等の関係書類の整理
      • 職員間の申し送り、連絡、調整
      • 関係機関との連絡、調整

  • 2 病棟における食事の介助や入浴の介助等の業務は、実務経験としては認められません。
  • 3 児童が利用者である施設においては、精神障害がある障害児に対する相談援助業務だけでなく、保護者が精神障害者の場合、精神障害者である保護者に対する相談援助業務も実務経験の対象となります。
    ただし、乳児院においては、保護者が精神障害者の場合、精神障害者である保護者に対する相談援助業務が実務経験の対象となります。乳児に対する相談援助業務は、実務経験の対象とはなりません。
対象となる施設・事業種類

いずれも、精神障害者に対してサービスを提供するものに限ります。

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
精神科病院
  • 精神科ソーシャルワーカー
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 看護師
  • 臨床心理技術者
  • その他
精神保健福祉センター
  • 精神保健福祉相談員
  • 社会福祉士
  • 精神科ソーシャルワーカー
  • 心理判定員
  • 保健師
  • 看護師
  • 臨床心理技術者
  • その他
児童福祉法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
障害児通所支援事業を行なう施設
(児童デイサービスであった期間を含む)
児童発達支援
  • 専任で相談援助業務に従事する職員
  • その他
放課後等デイサービス
乳児院
  • 児童指導員
  • 保育士
  • 児童発達支援管理責任者
  • その他
児童養護施設
福祉型障害児入所施設(知的障害児施設・知的障害児通園施設であった期間を含む)
情緒障害児短期治療施設
児童相談所
  • 児童福祉司
  • 受付相談員
  • 相談員
  • 電話相談員
  • 児童心理司
  • 児童指導員
  • 保育士
  • その他
母子生活支援施設
  • 母子支援員
  • 少年を指導する職員
  • その他
障害児相談支援事業を行なう施設
  • 相談支援専門員
  • その他
児童自立支援施設
  • 児童自立支援専門員
  • 児童生活支援員
  • その他
児童家庭支援センター
  • 職員
  • その他
地域保健法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
保健所
  • 精神保健福祉相談員
  • 社会福祉士
  • 精神科ソーシャルワーカー
  • 心理判定員
  • 保健師
  • 看護師
  • 臨床心理技術者
  • その他
市町村保健センター
医療法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
病院
(精神病床を有するもの又は精神科もしくは心療内科を広告しているものに限る)
  • 精神科ソーシャルワーカー
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 看護師
  • 臨床心理技術者
  • その他
診療所
(精神病床を有するもの又は精神科もしくは心療内科を広告しているものに限る)
生活保護法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
救護施設
  • 生活指導員
  • その他
更生施設
地方自治体
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
市役所の精神障害者に対してサービスを提供する部署
  • 精神保健福祉相談員
  • 社会福祉士
  • 精神科ソーシャルワーカー
  • 心理判定員
  • その他
区役所の精神障害者に対してサービスを提供する部署
町村役場の精神障害者に対してサービスを提供する部署
社会福祉法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
福祉事務所
  • 査察指導員
  • 身体障害者福祉司
  • 知的障害者福祉司
  • 老人福祉指導主事
  • 現業員
  • 家庭児童福祉主事
  • 専任の家庭相談員
  • 面接員に相当する職員
  • 婦人相談員
  • 母子自立支援員
  • その他
市町村社会福祉協議会
  • 福祉活動専門員
  • その他
知的障害者福祉法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
知的障害者更生相談所
  • 知的障害者福祉司
  • 心理判定員
  • 職能判定員
  • ケース・ワーカー
  • その他
法務省設置法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
保護観察所
  • 社会復帰調整官
  • 保護観察官
  • その他
障害者の雇用の促進等に関する法律
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
広域障害者職業センター
  • 障害者職業カウンセラー
  • その他
地域障害者職業センター
  • 障害者職業カウンセラー
  • 職場適応援助者
  • その他
障害者就業・生活支援センター
  • 主任就業支援担当者
  • 就業支援担当者
  • 生活支援担当職員
  • その他
更生保護事業法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
更生保護施設
  • 補導主任
  • 補導員
  • その他
発達障害者支援法
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
発達障害者支援センター
  • 相談支援を担当する職員
  • 就労支援を担当する職員
  • その他
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
障害福祉サービス事業 生活介護
  • 生活支援員
  • 就労支援員
  • サービス管理責任者
  • その他
自立訓練
就労移行支援
就労継続支援
短期入所
  • 専任で相談援助業務に従事する職員
  • その他
重度障害者等包括支援
共同生活援助(共同生活介護であった期間を含む)
一般相談支援事業を行なう施設(相談支援事業を行なう施設であった期間を含む)
  • 相談支援専門員
  • その他
特定相談支援事業を行なう施設 (相談支援事業を行なう施設であった期間を含む)
障害者支援施設
  • 生活支援員
  • 就労支援員
  • サービス管理責任者
  • その他
地域活動支援センター
  • 指導員
  • その他
福祉ホーム
  • 管理人
  • その他
改正前の法律
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
精神障害者地域生活援助事業を行なう施設
  • 世話人
  • その他
精神障害者社会復帰施設
  • 精神障害者社会復帰指導員
  • 管理人
  • その他
知的障害者援護施設
  • 生活支援員
  • 生活指導員
  • その他
児童デイサービス
  • 専任で相談援助業務に従事する職員
  • その他
指定施設に準ずる施設として、厚生労働大臣が定める施設
施設種類と実務経験として認められる職種
施設(事業)等種類 職種の例
精神障害者地域生活支援センター
  • 精神障害者社会復帰指導員
  • その他
精神障害者地域移行支援特別対策事業
  • 地域体制整備コーディネーター
  • 地域移行推進員
  • その他
スクールソーシャルワーカー活用事業を行なう施設
  • スクールソーシャルワーカー
  • その他
ホームレス自立支援事業を実施する施設
  • 生活相談指導員
  • その他
その他厚生労働大臣が個別に認めた施設 (注意)個別認定にあたっては、別途基準、申請様式があります。
事前に試験センターへ電話で連絡してください。
ルート図に戻る
ページの先頭へ戻る