トップページの中の研修の中の海外研修・調査の中の民間社会福祉施設職員等海外研修・調査

研修

  • 国内合宿研修
  • 海外研修・調査
  • 民間社会福祉施設職員等海外研修・調査
  • 平成29年度実施要綱、選考基準、日程表
  • 参加適格者推薦書
  • 実施概要
  • 参加者の声
  • 社会福祉士・精神保健福祉士海外研修・調査
  • 平成29年度実施要綱
  • 実施概要
  • 過去の実績
  • 介護福祉士海外研修・調査
  • 平成29年度実施要綱
  • 実施概要
  • 参加者の声
  • 社会福祉施設経営管理者海外研修・調査
  • 実施概要

海外研修・調査

民間社会福祉施設職員等海外研修・調査

開始年度
<ヨーロッパ班> 昭和47年度
<北米班> 昭和51年度
<オセアニア班> 平成13年度
<児童班> 平成26年度
対象者
  • <ヨーロッパ班、北米班、オセアニア班、児童班>
    • 以下の民間社会福祉施設等に勤務する中堅的介護職員・生活支援員・保育士等の直接処遇職員(管理的業務を専任で行なっている者を除く)
      【北米班・オセアニア班】高齢者関係施設職員
      介護保険法及び老人福祉法による高齢者関係施設・事業所
      【ヨーロッパ班】障害児・障害者関係施設職員
      障害者総合支援法による障害者関係施設・事業所
      救護施設
      児童福祉法による障害児関係施設
      【児童班】民間保育所等の保育士
    • 勤務年数5年以上(平成29年9月1日現在)
    • 30歳以上55歳未満の者(平成29年9月1日現在)
    • 過去において当センターの海外研修に参加したことのない者
    • 心身ともに健康で、協調性があり、研修期間中団体行動ができる者
    • 各所属施設長を経て各都道府県等民生主管部(局)長または社会福祉法人日本保育協会長から推薦された者
目的
海外の施設サービス及び在宅サービスの内容、方法、技術等を実地に研修・調査し、民間社会福祉施設等における処遇及び施設運営等の向上に資する。
方法等
原則として1都市4〜5日間とし、初日は現地における行政説明聴取、2日目以降は1日1〜2施設について研修を行なう。
なお、航空機はエコノミークラスを利用し、宿泊は2人1部屋とする。
募集人員
各班10名
期間
<ヨーロッパ班> 平成29年9月3日〜9月15日の13日間(障害児・者関係)
<北米班> 平成29年9月24日〜10月6日の13日間(高齢者関係)
<オセアニア班> 平成29年9月29日〜10月6日の8日間(高齢者関係)
<児童班> 平成29年9月3日〜9月15日の13日間(児童関係)
費用
旅費を含めセンターが負担(一部参加者負担一人50,000円)
募集等
  • ヨーロッパ班、北米班、オセアニア班は「各都道府県・指定都市」へ申込・推薦
  • 児童班は「社会福祉法人 日本保育協会」へ申込・推薦
    (社会福祉法人 日本保育協会 電話03-3222-2115)
    センターでの書類選考
研修実績
平成28年度累計 1,885人
<ヨーロッパ班> 926人
<北米班> 657人
<オセアニア班> 216人
<児童班> 37人
<施設長班> 49人
このページについてのお問い合わせ先はこちらをクリックしてください
ページの先頭へ戻る