トップページの中の介護福祉士国家試験の中の出題基準・合格基準の中の合格基準

介護福祉士国家試験

  • 資格制度の概要
  • 資格取得ルート図
  • 試験概要
  • 受験申し込み手続き
  • 出題基準・合格基準
  • 出題基準
  • 合格基準
  • 過去の試験問題
  • よくあるご質問
  • 実務経験証明書、従事日数内訳証明書の様式と記入方法
  • 各種支援ツール

出題基準・合格基準

介護福祉士国家試験合格基準

(1)筆記試験の合格基準

次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

  • ア 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
  • イ アを満たした者のうち、以下の試験科目10科目群すべてにおいて得点があった者。
    • [1] 人間の尊厳と自立、介護の基本
    • [2] 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
    • [3] 社会の理解
    • [4] 生活支援技術
    • [5] 介護過程
    • [6] 発達と老化の理解
    • [7] 認知症の理解
    • [8] 障害の理解
    • [9] こころとからだのしくみ
    • [10] 総合問題
      • (注意)配点は、1問1点の120点満点である。
実技試験の合格基準

課題の総得点の60%程度を基準として、課題の難易度で補正した点数以上の得点の者を実技試験の合格者とする。

ページの先頭へ戻る