トップページの中の資格登録の中の介護福祉士喀痰吸引等行為の登録申請手続きの中の「実地研修を修了した喀痰吸引等行為」の届出について

資格登録(社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士)

  • 最近の実施概要
  • 過去の調査研究例
  • 登録事項の変更手続き
  • 介護福祉士喀痰吸引等行為の登録申請手続き
  • 現住所のみの変更手続き
  • 登録証の再交付手続き
  • 登録者の死亡(失踪宣告)の手続き
  • 登録者数の状況
  • よくあるご質問
  • 就労状況調査結果・現況把握調査結果
  • 平成29年4月1日から令和9年3月31日までに介護福祉士養成施設を卒業した方々を対象とする経過措置の解説と介護福祉士登録の手続きのご案内について

「実地研修を修了した喀痰吸引等行為」の届出について

1 登録申請の要件(介護福祉士の資格登録が済んでいる方用)

喀痰吸引等制度における講義、演習及び実地研修を修了していること (下記(注意)参照)。

(注意) 実地研修は、演習修了後、指導看護師等のもと、施設、在宅等における利用者に対し、喀痰吸引等行為を所定の回数以上行なうものです。

医療的ケア修了または基本研修修了「講義(50時間)」、「演習(各行為のシミュレーター(人形等)での演習)」]及び[実地研修修了(・口腔内の喀痰吸引、・鼻腔内の喀痰吸引、・気管かカニューレ内部の喀痰吸引、・胃ろう又は陽ろうによる経管栄養、・経鼻経管栄養)]を修了後、
届出

実地研修を修了した喀痰吸引等行為を登録証に記載し交付

2 届出の対象となる「実地研修を修了した喀痰吸引等行為」

  • (1)口腔内の喀痰吸引
  • (2)鼻腔内の喀痰吸引
  • (3)気管カニューレ内部の喀痰吸引
  • (4)胃ろう又は腸ろうによる経管栄養
  • (5)経鼻経管栄養
  • (注意)半固形栄養剤による経管栄養の可否は登録証に記載されません。
  • (注意)人工呼吸器装着者に対する行為の可否は登録証に記載されません。
  • (注意)登録証に記載されない行為の範囲(半固形栄養剤による経管栄養、人工呼吸器装着者に対する行為)については、認定特定行為業務従事者認定証、喀痰吸引等研修修了証、実地研修修了証または実地研修を修了した研修機関等で確認してください。

3 「喀痰吸引等行為の登録申請をする場合」の提出書類について

  • 1 介護福祉士の資格登録が済んでいる方
    下記2の提出書類の他に、以下の書類が必要です。
提出書類
1 『登録事項変更届出書』

記入例及び様式:介護福祉士(PDF:370KB)別ウィンドウで開きます

2 下記ア、イ、ウのいずれか1通
  • ア 戸籍の個人事項証明書の原本
  • イ 戸籍抄本の原本
  • ウ 「本籍地を記載した」住民票の原本
(外国の国籍の方)
  • 中長期在留者、特別永住者:「国籍等を記載した」住民票の原本
  • 短期滞在者:パスポートその他の身分を証する書類のコピー
3 (A)『貼付用紙』

記入例及び様式:介護福祉士(PDF:274KB)別ウィンドウで開きます

(B)手数料『振替払込受付証明書(お客さま用)』の原本

(郵便局等で1,200円払い込みをして、上記(A)に貼付してください。)

4 登録証の原本
(注意)氏名・本籍地の都道府県に変更がある場合は、上記1〜4ではなく、登録事項の変更手続きの提出書類一覧の1〜4の書類が必要です。
  • 2 「喀痰吸引等行為の登録申請をする場合」の提出書類
    喀痰吸引等行為の登録申請ができる方は、下記(1)〜(3)のいずれかに該当する方です。
(1)実務者研修、福祉系高校、介護福祉士養成施設等において医療的ケア科目の「講義」、「演習」を修了し、介護福祉士の登録をした後に登録喀痰吸引等事業者による「実地研修」を修了した方
申請ができる場合
施設等において、介護サービス利用者等に対して、喀痰吸引等行為を所定の回数以上行う「実地研修」を修了した方
(注意)「講義」と「演習(人体模型による練習)」の修了だけでは、申請できません。
提出書類 提出の仕方 発行先
実地研修修了証明書 原本または原本証明(留意事項1参照) 登録喀痰吸引等事業者
(2)喀痰吸引等研修を修了した方
申請ができる場合
喀痰吸引等研修(第1号研修、第2号研修)を修了した方
(注意)第3号研修(特定の者を対象とした研修)のみ修了した方は、申請できません。
提出書類(@またはAのうち1枚) 提出の仕方 発行先
@ 喀痰吸引等研修修了証明書(証書) 原本または原本証明(留意事項1参照) 都道府県庁または登録研修機関
A 認定特定行為業務従事者認定証 原本証明(留意事項1参照) 都道府県庁
(3)喀痰吸引等研修以外の研修を修了し、「認定特定行為業務従事者認定証」の交付を受けた方
申請ができる場合
  • ア 平成22年度「介護職員によるたんの吸引等の試行事業(不特定多数の者対象)」の研修
  • イ 「「平成23年度介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修事業」の実施について」に基づく研修
  • ウ 「特別養護老人ホームにおけるたんの吸引等の取扱いについて」に基づく研修を修了し、別途、医療的ケアを修了(「口腔内の喀痰吸引」の1行為のみ申請可能)
(注意)ア〜ウ以外で特定の者を対象とした研修では、申請できません。
提出書類 提出の仕方 発行先
認定特定行為業務従事者認定証 原本証明(留意事項1参照) 都道府県庁
  • (注意1)ウの研修を修了した方は、認定特定行為業務従事者認定証に加え、「実務者研修修了証明書」の原本の提出が必要です(ただし、「実務3年」+「実務者研修」で受験申し込みをした方は、「実務者研修修了証明書」の提出は不要です)。
留意事項
  • 1 原本証明について
    原本を提出することができない証明書等について、その写し(コピー)であることを発行先に証明していただくものです。
    原本証明のご依頼は、提出書類発行先の担当窓口へお問い合わせください。
    (原本証明の例)
  • 2 「登録研修機関」が運営主体の異なる施設等に実地研修を委託している場合、運営主体(実地研修の委託先)が発行した「実地研修修了証明書」ではなく、「登録研修機関」が発行した「喀痰吸引等研修修了証明書」を提出してください。
前のページに戻る
PDFを閲覧できないかたはこちら
ページの先頭へ戻る