介護福祉士国家試験

廃業した施設・事業所等の実務経験について(ご案内)

所属していた施設・事業所が廃業(閉鎖)した場合や、施設・事業所先の文書保管期間経過等の理由で記録が処分された場合等、「実務経験証明書」の提出が困難な受験申込者に対してご案内します。 下記の書類は、受験申込者自身が用意・手配することになります。
受験の申し込みには、別途、当該年度の『受験の手引』が必要となります。
申告内容に錯誤や虚偽があった場合は、受験資格がなくなりますので注意してください。

実務経験の確認に必要な提出書類

受験資格に必要な実務経験として、1.施設・事業種類 2.職種 3.従業期間 4.業務従事日数のすべてを確認します。
「1~4のすべての要件が確認できる書類」と、受験申し込みの際に必要な『受験の手引』にある様式「廃業した施設・事業所等の実務経験について(自己申告)」を受験申し込み時に提出してください。
1~4について、確認できる書類の例は、下記の通りです。
すべての要件を確認できない場合は、申し込みを受理することができません。
実務経験の審査は、受験申し込みを希望する年度の「受験申し込み受付期間」内に提出されたものに限ります(事前審査はできません)。

1 「施設・事業種類」が確認できる書類の例

  • ア 閉鎖事項全部証明書
    (閉鎖手続未済の場合:履歴事項全部証明書)
  • イ その他、「施設・事業」が確認できる書類
  • ※原本を提出してください。
    アは、最寄りの法務局(支局・出張所)で入手できます。(有料)
  • ※要件が確認できれば、いずれか1点でかまいません。

2 「職種(職名)」が確認できる書類の例

  • ア 雇用契約書、雇用通知書
  • イ 労働契約書、労働条件書
  • ウ 辞令
  • エ 給与明細、勤務表(職種が明記されている場合)
  • オ その他、「職種」が確認できる書類
  • ※写しを提出してください。
    法務局や職業安定所等公共機関にはございません。
  • ※要件が確認できれば、いずれか1点でかまいません。

3 「従業期間(雇用期間・在籍期間・登録期間)」が確認できる書類の例

  • ア 勤務表、出勤表
  • イ 給与明細、源泉徴収明細
  • ウ 雇用保険や年金の記録に関する書類
  • エ その他、「従業期間」が確認できる書類
  • ※写しを提出してください。
  • ※要件が確認できれば、いずれか1点でかまいません。

4 「業務従事日数(出勤日数・労働日数)」が確認できる書類の例

  • ア 勤務表、出勤表
  • イ 給与明細
  • ウ その他、「業務従事日数」が確認できる書類
  • ※写しを提出してください。
  • ※要件が確認できれば、いずれか1点でかまいません。