トップページの中の介護福祉士国家試験の中の受験資格(資格取得ルート図)の中の実務経験+実務者研修の中の実務経験の範囲の中の児童分野

介護福祉士国家試験

  • 資格制度の概要
  • 受験資格(資格取得ルート図)
  • 実務経験+実務者研修
  • 実務経験の範囲
  • 児童分野
  • 障害者分野
  • 高齢者分野
  • その他の分野
  • 介護等の便宜を供与する事業
  • 従業期間計算表
  • 福祉系高校
  • 養成施設
  • 経済連携協定(EPA)
  • 実務経験免除
  • 試験概要
  • 受験申し込み手続き
  • 出題基準・合格基準
  • 過去の試験問題
  • よくあるご質問
  • 【受験者と事業者の方向け】実務経験証明書、従事日数内訳証明書の様式と記入方法
  • 【受験者向け】受験申込書記載事項変更届の様式と記入方法
  • 【実務者研修実施者向け】実務者研修修了(見込)証明書の様式
  • 各種支援ツール

受験資格

1 児童分野

児童福祉法関係の施設・事業
受験資格となる施設・事業と職種
受験資格となる施設・事業 受験資格となる職種
  • 知的障害児施設
  • 自閉症児施設
  • 知的障害児通園施設
  • 盲児施設
  • ろうあ児施設
  • 難聴幼児通園施設
  • 肢体不自由児施設
  • 肢体不自由児通園施設
  • 肢体不自由児療護施設
  • 重症心身障害児施設
  • 重症心身障害児(者)通園事業
  • 肢体不自由児施設又は重症心身障害児施設の委託を受けた指定医療機関(国立高度専門医療研究センター及び独立行政法人国立病院機構の設置する医療機関であって厚生労働大臣の指定するもの)
  • 児童発達支援
  • 放課後等デイサービス
  • 障害児入所施設
  • 児童発達支援センター
  • 保育士
  • 介助員
  • 看護補助者
  • 指導員(児童発達支援・放課後等デイサービス)(ただし、注意事項1の@Aに掲げる者に限る)
  • 児童指導員(ただし、注意事項2の@に掲げる者に限る)
  • 障害福祉サービス経験者(放課後等デイサービス)(ただし、注意事項1の@A及び注意事項3のAに掲げる者に限る)
など入所者の保護に直接従事する職員
  • 保育所等訪問支援
  • 訪問支援員
注意事項
  • 1 「指導員」について
    • まる1 上表の「施設・事業の配置基準」などで「介護職員」が置かれている場合、実務経験になりません。
    • まる2 上表の「施設・事業」で、業務分掌表上、介護等の業務を行なうことが明記されていて「主たる業務が介護等の業務」である場合、実務経験になります(「放課後等デイサービス」の場合は、平成30年3月31日まで「指導員」として従事していた方に限り、実務経験になります)。
    • まる3 前記まる1まる2により、介護福祉士国家試験を受験した場合、その実務経験は「社会福祉士・精神保健福祉士国家試験」の実務経験になりません。
  • 2 「児童指導員」について
    • まる1 上表の「施設・事業」で、「保育士」で採用され、その後「児童指導員」となり引き続き従前と同じ内容の業務に従事している方に限り、実務経験になります。
    • まる2 前記まる1により、介護福祉士国家試験を受験した場合、その実務経験は「社会福祉士・精神保健福祉士国家試験」の実務経験になりません。
  • 3 「障害福祉サービス経験者」について
    • まる1 「障害福祉サービス」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)」第5条第1項に規定する障害福祉サービスです。
    • まる2 高等学校の卒業者等であって、2年以上障害福祉サービスに係る業務に従事した方に限り実務経験になります。
    • まる3 障害福祉サービス経験者として介護福祉士国家試験を受験した場合、その実務経験は「社会福祉士・精神保健福祉士国家試験」の実務経験にはなりません。
実務経験の範囲に戻る
ページの先頭へ戻る