トップページの中の介護福祉士国家試験の中の資格取得ルート図の中の実務経験による受験の中の従業期間計算表の中の重複期間の考え方

介護福祉士国家試験

  • 資格制度の概要
  • 受験資格(資格取得ルート図)
  • 実務経験による受験
  • 実務経験の範囲
  • 従業期間計算表
  • 福祉系高校
  • 養成施設
  • 実務経験免除
  • 試験概要
  • 受験申し込み手続き
  • 出題基準・合格基準(準備中)
  • 過去の試験問題
  • よくあるご質問
  • 実務経験証明書、従事日数内訳証明書の様式と記入方法
  • 【実務者研修実施者向け】実務者研修修了(見込)証明書の様式と実務者研修コード一覧
  • 各種支援ツール

受験資格

従業期間計算表

重複期間の考え方

重複期間とは、同じ期間内に複数の事業所等に所属している(掛け持ちしている)ことを言います。
重複期間は、従業期間を二重に加算できません。

下の図1の例では、3月1日から5月25日(86日)の網掛け部分が重複期間になります。
よって「実務経験の対象となる従業期間」は、1施設目と2施設目の従業期間をそのまま足した「従業期間の単純合計」(268日)から「重複期間の延べ日数」(86日)を差し引いた182日となります(図2)。

図1:重複期間を示した表 図2:入力例
従業期間計算表に戻る
ページの先頭へ戻る